ダイエットに適した運動

2012-11-26

ダイエットをする!と思い立ったときに
「ランニングを毎日しよう!」という人は多いです。

走る=汗が出る=痩せる、
というイメージがあるようですね。

走ることは確かに痩せることに通じますが
痩せるための運動は、ランニングだけではありません。

なにより、ランニングはモチベーションが続かないので
あまりおススメできません。

なので、ダイエットに効果的な運動をいくつかご紹介しましょう。

ダイエットに繋がる2種類の運動

ダイエットに通じる運動はには、大きくわけて2つあります。

一つは「有酸素運動」
すっかりおなじみの言葉になりましたね。
呼吸をして体内に酸素を取り込みながら行う運動のことです

もう一つは「無酸素運動」
こちらは、耳慣れない言葉ではないでしょうか?
おもに瞬発力を利用して行う運動のことを言います。

この2つが、ダイエットに繋がる運動です。

有酸素運動とは

有酸素運動の有名なものは、
ウォーキングや速歩き、サイクリングや水泳といったところです。

なぜ有酸素運動がダイエットにつながるかというと
体内に取り込んだ酸素が脂肪と糖質を分解し、それをエネルギーとして体が活動するからです。

人の身体は、運動する際に、まず血液の中の糖質を燃料として使用します。
その後は筋肉に蓄えられたグリコーゲンという糖質を燃料にします。
この2つを使い切ると、最後に体脂肪が燃焼されていくので、ダイエットにつながるのですね。

注意するところは、有酸素運動の時間です。
最低でも15分~20分は行いましょう。

その時間行わないと、糖質を使い切らず
体脂肪の燃焼まで届かないんですね。

30分~40分ぐらいの有酸素運動が理想でしょう。

無酸素運動とは

重量挙げや短距離走など、瞬間的にグッと息を止めて行う運動のことを
無酸素運動を言います。

日常的には行いづらいので、あまり有名ではないですが
これも脂肪燃焼につながります。

無酸素運動の良いところは2つです。

1つ、酸素を吸わないかわりに筋肉が体内の糖質をエネルギー源として消費すること。

2つ目は、筋力がアップすることです。
筋力がアップすると、糖質が消費されやすい体に変わるのです。これを基礎代謝が高まるといいますね。

ダイエットのための理想の運動は

理想の運動は、この2つの運動である
有酸素運動と無酸素運動を組み合わせてやることだと言われています。

例えば、ウォーキングしているとき、5分に一回ずつダッシュをするとか。

そうすると、糖質の燃焼・脂肪の燃焼・筋力アップが同時に行えるのですね。

これからダイエットのために運動をすることを考えているのであれば
以上のことを参照していただければと思います!

Copyright (C) てあてサロン柏整体院|柏で耳つぼダイエット・産後の骨盤矯正・小顔美顔All Rights Reserved