腸もみと肌荒れとマッサージ

2013-06-21

肌荒れと非常に関係が強いのが、実は腸です。
腸のあらゆることが、肌に大きな影響を与えるです。
 
女性のお悩みで多い肌荒れ。女性は便秘になりがち。
 
便秘が肌荒れを引き起こしている可能性が大いにあるのです。
 
そこで、腸と肌荒れがどのように繋がっていているのか
なぜ腸を活性化させ便秘体質から抜け出した方が良いのか、お話しましょう!
 
 

便秘が肌荒れにつながる3つの理由

①悪玉菌が増加

便秘になると腸内に悪玉菌が増加して腸内環境が悪化します。そうすると、悪玉菌の腐敗発酵によって悪臭のある有害物質が生まれます。この有害物質が腸壁から血液中に吸収されて皮膚に到着すると、皮膚細胞の機能が低下します。
そして肌荒れになるのです。

 
 
②善玉菌が減少

便秘になると腸内の善玉菌が減少します。この善玉菌は「皮膚細胞の活性化と再生」「ビタミンB7の生成」をするのですが、その機能がググーンと低下します。そして肌荒れになるのです。

 
 
③自律神経機能が低下

便秘になると自律神経の機能が低下します。そうすると皮膚組織の血行が悪化します。栄養を運ぶ血行が鈍くなり肌に栄養が届かなくなるのです。
そして肌荒れになるのです。

 
 

腸もみで肌荒れ解消

当院では、腸もみ整体で腸を刺激し、根本的に便秘を解消しています。
 
下剤のように単発のような解消ではありません。便秘体質からの脱却により、解消するのです。ですので肌荒れにもなりにくい体になっていくのです。
 
ストレスフルな現代こそ、腸を元気にせねばなりません。
 
腸もみ整体で、肌荒れ解消してみませんか?
自然のままで、でもツルツルなお肌を目指してみませんか?

Copyright (C) てあてサロン柏整体院|柏で耳つぼダイエット・産後の骨盤矯正・小顔美顔All Rights Reserved